外国人労働者が安心して働ける環境や制度考える集会 信濃毎日新聞「五色のメビウス」取材班デスクが講演

長野県 社会 主要 五色のメビウス
twitter facebook

 外国人労働者が安心して働ける環境や制度について考える「守ろう!外国人労働者のいのちと権利」集会が7日、都内の参院議員会館であった。国会議員や関係者ら約100人が参加し、全国の支援団体や当事者の外国人らが賃金未払いや長時間労働などの実態を報告。外国人技能実習生らの…

(残り539文字/全文672文字)

この記事は銀鍵記事で公開から43日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
「五色のメビウス」を通して外国人労働者らの置かれた現状を説明する牛山デスク=7日、東京・永田町の参院議員会館

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 五色のメビウス