迷走「10万円給付」 長野県内自治体の不信招く

有料会員記事
子どもへの現金給付を担当する飯田市役所子育て支援課の窓口。市は残り5万円の給付方法を検討している=13日

18歳以下の子どもへの計10万円相当給付を巡り、岸田文雄首相が13日、年内の現金一括給付を容認する方針に転じたことに、県内の市町村からは「いまさら言われても対応できない」と憤りの声が上がった。県内では上田市や諏訪郡原村、北安曇郡小谷村が新たに全額現金で給付する方針を示した一方、迷走を続ける政府の方針に…

あわせて読みたい