親子の新たな物語 第3部・LGBTQの人たちの選択②精子を買う 自分たちに近い子どもを

有料会員記事
一緒に暮らすパートナーの中島千尋さんが産んだ娘と写真に収まる落合エリカさん。精子バンクを利用して、自分のルーツの一つでもあるヒスパニック系米国人の精子を千尋さんと相談して選んだ

 東京都内の自宅で、レズビアンカップルの落合エリカさん(33)と中島千尋さん(35)=仮名=はパソコンの画面を眺めていた。

 映っているのは、人種や民族、瞳の色、髪の毛の色、体格…。海外に拠点を置く民間の「精子バンク」のサイト画面だ。米国やデンマークなど海外から集められた精子の提供者の特徴が列記されて…

あわせて読みたい