登山者の位置データ 捜索の有力手段に〈山と人と信州と〉

長野県 社会 信州の山 ウェブオリジナル 山と人と信州と
twitter facebook

 登山者が自分の位置を知ることができるスマートフォン用の地図アプリのデータが、山岳遭難の捜索に利用されるケースが増えている。遭難者の居場所の特定につながり、生存が確認されたり、早期の収容につながったり…

(残り1352文字/全文1453文字)

この記事は金鍵記事で公開から35日が経過しています
  • 無料会員、ウェブ会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • 併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
スマートフォンの地図アプリの画面を確認する登山者=11月19日午後2時44分、八ケ岳赤岳鉱泉への登山道

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 信州の山 ウェブオリジナル 山と人と信州と