新型コロナ、山岳遭難にも影響 新たな傾向顕著に 〈山と人と信州と〉

有料会員記事
北アルプスの白馬大雪渓を登る登山者=7月14日午前10時54分

 長野県内で2021年に発生した山岳遭難の傾向をみると、新型コロナウイルスの影響が顕著に表れている。新型コロナの感染拡大で20年は遭難件数が183件と前年比で3割も減少したものの…

あわせて読みたい