山雅・加藤副社長辞任 J3降格の責任問う声 想像以上に強く決断

有料会員記事
今季最終戦後、観客席に向かって整列する加藤副社長(中央)=5日、松本市のサンプロアルウィン

松本山雅の副社長を辞任し、13年間にわたって担ってきた“かじ取り役”から退くことになった加藤善之氏は、最近まで来季のクラブ運営に意欲を示していた。このタイミングでの辞任は、直近2シーズンの低迷やJ3降格という結果を招いた加藤氏の責任を問う声が想像以上に強く、また収まる気配…

あわせて読みたい