ベトナムで介護職を職業に 母国で働ける環境を整備 実習生受け入れる小諸の事業者、動き本格化へ

有料会員記事
小諸市内の介護施設で働く外国人技能実習生=6月16日

 介護分野の外国人技能実習生を受け入れているのぞみグループ(小諸市)は2022年、ベトナムで介護の仕事を職業として確立させる動きを本格化させる。国際協力機構(JICA)によると同国には高齢者を対象とした介護の専門職はないものの、高齢化が進んで需要が高まるとみられる。日本から帰国した技能実習生が、身に付けた知識を生かして母国で働ける環境を整え…

あわせて読みたい