正月の北アルプスへ 西穂山荘に集う登山者たち〈山と人と信州と〉

有料会員記事
西穂高岳の独標に向けて稜線を歩く近藤友章さん=1月2日午前9時19分

 北アルプスの稜線(りょうせん)で唯一、通年で営業している西穂山荘(2367メートル、岐阜県高山市)は、多くの登山者を雪山にいざなう拠点となっている。岐阜県側の新穂高ロープウェイの終点から、踏み跡があれば1時間半ほどで着けるとあって、毎年ように正月登山に訪れる人もいる。ゆったりとマイペースで山を楽しむ姿に触れた。

あわせて読みたい