信濃GSの柳沢監督「独立リーグの頂点を目指す」 中野市役所を訪問、抱負語る

長野県 スポーツ 主要 北信 BCL 野市
twitter facebook

 中野市をホームタウンとするルートインBCリーグ信濃グランセローズの飯島泰臣球団会長と竹内羊一社長、柳沢裕一監督らが、同市役所を訪れ、湯本隆英市長に2022年シーズンの抱負を語った。

 21年の信濃は中地区2位でプレーオフに進出したが準決勝ラウンドで敗退。柳沢監督は「(22年は)BCリーグ優勝を通過点にし(新型コロナウイルス下で2年連続中止になった)独立リーグ日本一を決める大会が今年は開かれると信じ、その頂点を目指したい」と意気込んだ。湯本市長は「ぜひ日本一を目指して頑張ってほしい」と激励した。

 昨年12月に野手総合コーチに就任した元プロ野球選手の高口隆行さんもあいさつ。「(中野市は)野菜やフルーツがおいしい所と聞いている。まずは選手と一緒に食をしっかり取るようにしたい」と話した。

柳沢監督(左から3人目)や湯本市長(同4人目)ら

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ 主要 北信 BCL 野市