豊丘のリニアトンネル事故 「本番」難工事へ残る不安 長野県、JR東海に監視態勢強化を要請

有料会員記事
肌落ちした現場。左上から厚さ約50センチの岩石が手前に倒れ、その周辺も崩れたという=JR東海提供(昨年11月撮影)

 下伊那郡豊丘村で起きたリニア中央新幹線伊那山地トンネル坂島工区での崩落事故は、本坑(本線トンネル)よりも規模の小さい斜坑(作業用トンネル)で起きた。今後、地質がもろく、掘削面積も大きくなる「本番」を前に不安を残す結果となり…

あわせて読みたい