新型コロナ 長野県内の感染者数、7日連続で100人超(1月14日)

長野県 社会 新型コロナ
twitter facebook

 県内で14日に発表された新型コロナウイルスの新規感染者236人は、県内32市町村と県外の10歳未満~80歳以上の男女だった。14日午後4時時点で1169人が入院など療養中で中等症が17人、重症はいない。1日当たりの新規感染発表が100人を超えるのは7日連続となった。

 新規感染者は中等症が3人、その他は軽症か無症状だった。149人に他の感染者との接触や県外往来歴などがあった。87人の感染経路は推定できていない。

 県諏訪保健所管内の中学校で集団感染が疑われる事例が判明した。14日発表の6人を含む生徒11人、教職員1人の計12人が感染。学校生活でマスクを外して過ごす時間があったという。生徒6人の感染が確認されていた同保健所管内の高校では新たに生徒1人の感染が分かった。

 14日も感染者の公表が相次いだ。長野市の戸隠スキー場は14日までに従業員12人の感染を公表。客と接する業務ではないため、スキー場の営業は続けるが、レストランは21日まで臨時休業する。従業員が休憩時にマスクをせずに話す時間があったという。

 県は企画振興部の女性職員1人と、南信県税事務所(伊那市)の男性職員1人の感染を公表。飯田市は市立病院勤務の女性職員1人の感染を発表した。12日から出勤しておらず濃厚接触者がいないため病院は診療を続けている。上田市は農林部の男性職員1人、佐久市は企画部の男性職員1人の感染を明らかにした。

 八十二銀行は丸子支店(上田市)の職員1人、商工中金長野支店(長野市)は職員1人、上田信用金庫は和田森支店内佐久ローンセンター(小諸市)と中込原支店(佐久市)の職員各1人の感染を発表。信州大も学生1人の感染を公表した。

 県や県教育委員会によると、14日時点で県内の公立学校で臨時休校しているのは計21校。うち14校が全面休校しており、学年閉鎖は3校、学級閉鎖は4校となっている。休園している保育所などは8カ所という。

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 新型コロナ