JR西日本 不採算路線の見直し目安「輸送密度2千人」 大糸線は50人

長野県 経済 主要 社会 小谷村
twitter facebook

 JR西日本の経営環境が厳しさを増している。新型コロナウイルス禍で鉄道利用が落ち込んでおり、組織のスリム化だけでなく、不採算路線の見直しは避けられない情勢だ。目安の一つとしている

(残り1260文字/全文1349文字)

この記事は金鍵記事で公開から1日が経過しています
  • 無料会員、ウェブ会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • 併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済 主要 社会 小谷村