JR西日本 不採算路線の見直し目安「輸送密度2千人」 大糸線は50人

有料会員記事

 JR西日本の経営環境が厳しさを増している。新型コロナウイルス禍で鉄道利用が落ち込んでおり、組織のスリム化だけでなく、不採算路線の見直しは避けられない情勢だ。目安の一つとしている

あわせて読みたい