野沢温泉の道祖神祭り 15日夜本番 入場は村民のみ 動画をライブ配信

長野県 暮らし・話題 主要 北信 野沢温泉村
twitter facebook

 15日夜に行われる野沢温泉村の「野沢温泉の道祖神祭り」(国重要無形民俗文化財)の火祭りを前に、祭りの中心を担う厄年の男性らが14日、会場で社殿を組み立てた。15日は、たいまつを手に社殿に向かう村民と、社殿を守る厄年の男たちが攻防する。新型コロナウイルスの影響で2021年は中止したため、開催は2年ぶり。感染対策で入場は村民のみとし、火祭りの様子は動画投稿サイト「ユーチューブ」でライブ配信する。

 この日は激しく雪が降る中、社殿の柱にする長さ約20メートルのご神木のブナ5本を建て、中央のご神木に枝木などを縛り付けた。人が乗れるように足場を作ったり、しめ縄などを飾り付けたりして15日昼ごろに完成させる予定だ。

 祭りを取り仕切る村の地縁団体法人「野沢組」によると、今年も中止が検討されたが、伝統文化を継承するために縮小開催を決めた。野沢組総代の富井良仁さんは「村を挙げた一大行事。2年ぶりということもあって、意気込みも盛ん」と話した。

 野沢温泉観光協会(野沢温泉村)によるライブ配信は午後8時から。同観光協会は「コロナ対策で集まることはできないが、動画で楽しんでほしい」としている。

雪の中、5本のご神木を建てるなどして社殿を造る人たち

レコメンドニュース

関連記事

長野県 暮らし・話題 主要 北信 野沢温泉村