考ともに 貧困への抵抗  「他者の靴」で呪縛を解く

有料会員記事

昨年11月の建設標で読んだ投稿がずっと気になっている。長野市の塚田一弘さん(67)宅に見知らぬ女性が助けてほしいと訪ねてきた。所持金は20円。道沿いに設けた菩提(ぼだい)寺の掲示板を見て寺と勘違いしたらしい。妊婦のようにも見えた。財布にあった5千円を…

あわせて読みたい