思索のノート〈日本語に住みついて〉台湾人の昭和忘れず(温又柔)

有料会員記事

令和も、もう4年目である。思えば、「平成最後の日」が正式に決定したのは2017年の年の暮れ。振り返ると18年から19年にかけての私は、「アジアという鏡」「海を渡った日本語」「作文のなかの大日本帝国」などといった川村湊の評論集を…

あわせて読みたい