岡谷シルクで包みます ブランド化第1弾で風呂敷試作

有料会員記事
風呂敷の試作品と小山さん(左)、佐々木さん

養蚕から製糸、製品化までを岡谷市内で一貫する「岡谷シルク」のブランド化第1弾として、市や市立岡谷蚕糸博物館、シルク関係団体などでつくる協議会が、風呂敷作りを進めている。18日、市民グループ「岡谷絹工房」(小山町子代表)の工房で試作品作りが公開された。伝統的で、性別や年齢を問わずに使う機会がある風呂敷を

あわせて読みたい