駒ケ根工高生が人工衛星製作中 年内にも打ち上げ 地元メーカーが協力【動画があります】

有料会員記事
小型の人工衛星(手前)を作った駒ケ根工業高校の生徒たち=18日、駒ケ根市赤穂

駒ケ根市の駒ケ根工業高校機械科の3年生6人が、人工衛星を製作している。地域の企業の支援も受けて、ほぼ完成にこぎ着け、衝撃や振動の耐久試験もクリア。県外の大学などと連携し、年内にも打ち上げるプロジェクトで参加の可否を待つ。同校で12年前から開発を指導してきた林厚志教諭(55)は「打ち上げられれば、日本初の高校生の衛星。念願がかなう」と楽しみにしている。10センチ角のアルミ製の立方体で…

あわせて読みたい