子ども食堂 新型コロナ感染拡大で「つながり」の危機

有料会員記事
子ども食堂を訪れて食料品や日用品を受け取る利用者ら=15日、長野市ふれあい福祉センター

 新変異株「オミクロン株」が出現し、新型コロナウイルス感染がかつてないほど急拡大する中、困窮する家庭などを支える県内の子ども食堂の運営が難しくなっている。感染状況に合わせ、温かい食事の提供や物資配布を組み合わせてきたが、会場として利用してきた公共施設の利用停止が相次ぎ…

あわせて読みたい