大関御嶽海 雷電以来227年の誉れ ゆかりの東御も祝福

有料会員記事
2018年4月の春巡業「雷電場所」入り前に雷電の墓参りに訪れた御嶽海関=東御市

「次は雷電超えを―」。227年ぶりに信州出身力士として大関となった御嶽海関。1795(寛政7)年に大関となった雷電為右衛門(ためえもん)を生んだ東御市でも、雷電の縁者や好角家たちが祝福し、横綱昇進への期待を語った。

 雷電の妹の子孫で生家の8代目に当たる関賢治さん(74)=東御市滋野乙=は…

あわせて読みたい