【土の声を「国策民営」リニアの現場から】残土運搬で「ダンプ街道」に 〈第2部沈黙の谷④〉

有料会員記事
県道松川インター大鹿線を行き交うダンプカー。JR東海によると、1月からは1日約520台が走る=1月28日、中川村大草

 下伊那郡松川町中心部から同郡大鹿村の役場前まで、県道松川インター大鹿線を走って15キロほど。車で約30分の山道で、擦れ違ったダンプカーは1回目が22台、時間を変えた2回目が35台だった。

 天竜川沿いに南北に延びる伊那盆地と、伊那山地を越えて東側の大断層「中央構造線」の谷にある大鹿村を行き来する上では…

あわせて読みたい