鹿肉を食卓へ 筑北村の挑戦始まる ジビエカーを活用 「家庭でも使いやすく」とソーセージ試作 

有料会員記事
筑北村産の鹿肉で試作したソーセージを切る関森さん

 筑北村で、有害鳥獣として駆除された鹿の肉を使った特産品開発が始まった。村猟友会が本年度、移動式解体処理車(ジビエカー)を所有する茅野市の業者と連携。ソーセージなどに加工し、新たな特産として売り出す計画もある。「ジビエの里」として…

あわせて読みたい