〈信州×本・雑誌〉「セーラー服の誕生」(刑部芳則著)

有料会員記事

 日本で女子生徒の制服としてセーラー服が誕生して100年余。本書は戦前に存在した900校以上の高等女学校を対象に、セーラー服がどのように全国へ普及したのか、その歴史をたどった。北海道から沖縄まで地域ごとの実態を明らかにし、女子生徒たちの思いもくみ取っている。血の通った歴史研究の労作だ。

 長野県で最初にセーラー服を制定したのは上田高女と小諸高女。小諸の小学生たちは…

あわせて読みたい