【ニュース・アップサイクル】長野県民的北京パラリンピックの楽しみ方~日本選手団に「長野つながり」を探す

有料会員記事
1998年長野冬季パラリンピックで金メダルを獲得した大日方邦子さん(左)とマセソン(旧姓松江)美季さん。ともに現在はパラスポーツ界のリーダーとなっている

 信濃毎日新聞はスポーツも長野県勢を追う。長野つながりという「推し」がある長野県民は、勝敗やメダルの数だけでないスポーツの味わい方を知っている。幕を閉じた北京冬季五輪では、小平奈緒選手や高木菜那選手の試練にため息をつき、葛藤の言葉をかみしめた。さて、日本選手団に県勢選手が22人もいた北京五輪に対し、3月4日開幕の北京冬季パラリンピックは3人と少ない。長野で開いた1998年大会を取材し、魂を打たれ…

あわせて読みたい