玉村豊男とNAGANO WINEの30年〈第1部 農家になる〉⑬闘病中に始めた絵が仕事になる

有料会員記事
ヴィラデストワイナリーにも玉村豊男さんの作品が飾られています。ブドウの絵の前に立っていただきました

 軽井沢で血を吐いて闘病していた頃。何もすることがなくて、陶芸をやろうとしても体力がなくて続かなかった時期に、それなら絵はどうかと思って、高校時代以来25年ぶりに絵筆を取りました。定期的に東京の病院で検査を受けていたので、上京した時に画材屋さんに寄って道具を一式買ってきました。

 6号の小さなキャンバスに…

あわせて読みたい