〈山と私①〉笠松山から一望のふるさと 思う気持ちは濃くて、深くて、強い 画家・原田泰治さん 〈山と人と信州と〉

有料会員記事
ふるさとへの思いや制作への情熱を語った原田泰治さん=1月20日、諏訪市原田泰治美術館

 信州での暮らしの中には人々の心に刻まれた山がある。山菜が春を告げる里山であったり、集落や田畑を見渡す展望台であったり、荒々しく険しい高山の場合もある。そうした山にまつわる思いに耳を傾けたい。初回は画家・グラフィックデザイナーの原田泰治さん(3月2日死去。81歳。諏訪市出身)。

あわせて読みたい