善光寺御開帳 回向柱奉納や中日庭儀大法要など、主な行事を紹介します

御開帳初日に訪れ、回向柱に触れる参拝者=2015年4月5日午前9時48分、長野市の善光寺

 秘仏の本尊・一光三尊阿弥陀如来と同じ姿とされる前立(まえだち)本尊を公開する「善光寺御開帳」が4月3日に開幕します。前立本尊と「善の綱」でつながれている回向(えこう)柱に触れると、御利益があるとされています。新型コロナウイルスの拡大で、開催が1年延期。「触れる信仰」と感染防止の両立へ、対策を図ってきました。

 御開帳の主な催しを、多くの写真やグラフィックスで紹介します。また、延期された1年で図られた感染対策などを報じた最近の記事や、儀式・行事の様子を伝える前回開催時の記事も合わせて掲載します。

【2022年の御開帳の主な催し】

善光寺御開帳、新型コロナ禍だからこそ…安寧を求めて 4月3日開幕

https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2022033000436

【大勧進の副住職と大本願の上人、記者会見】

「不安な時代に祈りを」 御開帳4月3日開幕へ 大勧進の栢木寛照副住職、大本願の鷹司誓玉上人が思い語る…

あわせて読みたい