野党混乱「トロイの木馬」? 国民・玉木氏、自民に急接近〈政界探見〉

有料会員記事

 ウクライナ危機を受けた原油価格の急騰は、日本の政局にも影響を与えている。国民民主党の玉木雄一郎代表が、ガソリン税を一時的に引き下げる「トリガー条項」凍結解除を求めて岸田文雄首相に直談判、事実上の「閣外協力」へかじを切った。この「準与党」化の動きに立憲民主党、日本維新の会が強く反発し、野党に混乱が広がる。夏の参院選を控え…

あわせて読みたい