駒ケ根の光前寺、御開帳始まる 5色の光浴び本尊とご縁を

有料会員記事
「善の綱」とつながる照明器具が本堂内側に照らす5色の光

 駒ケ根市の光前寺で1日、数えで7年に1度開く御開帳が始まり、秘仏の本尊「不動明王像」が公開された。本堂前には本尊と5色の「善の綱」で結んだ「結縁(けちえん)柱(回向(えこう)柱)」が立った。新型コロナウイルス対策で…

あわせて読みたい