御堂でのブドウ栽培を薦める 【玉村豊男とNAGANO WINEの30年】〈第2部 ワイナリー開業〉⑤

東御市祢津御堂のブドウ畑の団地。ヴィラデストワイナリーの畑の一角から撮影

〈時代は1990年代後半。玉村豊男さんはTaKaRa酒生活文化研究所の所長。現在ワイン用ブドウ畑の団地が造成されている東御市の御堂は当時、活用されず荒廃が進んでいました〉

 宝酒造がワイン醸造の計画を進める中で、「福島県の白河に土地があるから、そこに工場を造ろうか」という…

あわせて読みたい