〈アーカイブ 芦部信喜・平和への憲法学〉 公務員政治活動問う猿払事件 無罪判決、意見書ほぼ踏襲~第3部 自由と人権①

有料会員記事
芦部信喜

 1950年代から60年代にかけて大きなうねりとなった憲法改正論。柱は再軍備、天皇制強化と並んで人権の制限だった。国家を重んじ、国民の権利を狭め…

あわせて読みたい