大糸線、赤字は年6.1億円 2018~20年度 JR西日本が収支を初公表 

有料会員記事
小谷村を走るJR大糸線の車両=9日

 JR西日本は11日、大糸線の南小谷(北安曇郡小谷村)―糸魚川(新潟県糸魚川市)間を含む利用者の少ないローカル線の収支を初めて公表した。2019年度に1キロ当たりの1日の平均乗客数(輸送密度)が2千人未満だった17路線30区間が対象で、本業のもうけを示す営業損益は全て赤字。大糸線の南小谷以北は17~19年度の平均が…

あわせて読みたい