【小平奈緒の軌跡】~平昌「金」、李相花との友情、台風被災地でボランティア… 記者が見た素顔

有料会員記事
平昌五輪、500メートルで金メダルに輝き笑顔を見せる小平奈緒選手(右)と2位の李相花選手=2018年2月18日、江陵(本社有賀史撮影)

 4度の五輪に出場したスピードスケートの金メダリストで茅野市出身の小平奈緒(35)=相沢病院=が12日、引退を表明した。小平選手の名前が信毎に登場したのは小学校5年生だった1996年。本欄では、五輪初出場となったバンクーバー大会から北京大会までの軌跡を信毎が掲載した記事から振り返る。

あわせて読みたい