【土の声を「国策民営」リニアの現場から】 「とにかく造りやすい所に」 〈第4部 夢と現実⑤〉

有料会員記事
「丘の上」にあるJR飯田駅。一方、リニア長野県駅(仮称)は造りやすさが優先され、郊外への設置が決まった=20日、飯田市上飯田

 企業が新幹線を造る、ということの意味がはっきりした瞬間だった。「とにかく造りやすい所に造る」。2010年10月22日、JR東海の山田佳臣社長(当時、現相談役)は名古屋市の本社で記者会見し、リニア中央新幹線の県内駅についてそう述べた。

 当時、飯田市や飯田下伊那14市町村でつくる南信州広域連合は…

あわせて読みたい