【土の声を「国策民営」リニアの現場から】 元請け大半 県外ゼネコン 〈第4部 夢と現実⑥〉

有料会員記事
運び込まれた残土を重機でならす作業員。飯田下伊那地方ではリニア本体の工事に加え、関連する公共工事も増えている=18日、高森町下市田

 ゆっくりとダンプカーの荷台の角度が上がる。ザザザー。黒っぽい土砂が落ちた。下伊那郡大鹿村のリニア中央新幹線のトンネル工事で出た残土だ。建設会社員の男性(24)が18日、到着したダンプカーを誘導し、たまった残土をブルドーザーで平らにした…

あわせて読みたい