安曇野の古墳で出土の刀装具に「銀象眼」 豊科郷土博物館で展示へ

有料会員記事
表面に銀線をはめ込む「銀象眼」が施された「柄頭」

 安曇野市穂高有明の古墳「金掘塚(かなほりづか)」で大正時代に発掘された鉄製の「柄頭(つかがしら)」の表面に…

あわせて読みたい