【土の声を「国策民営」リニアの現場から】 過疎の村にガールズバー 〈第4部 夢と現実⑧〉

有料会員記事
敷地に「ガールズバー」の看板が残る建物。リニア工事作業員の来店を見込み、その後は居酒屋になったが、現在は休業中だ=13日、大鹿村大河原

 夜は明かりが少なく、星空の美しい下伊那郡大鹿村。歓楽街とは縁遠い人口千人弱の過疎の村に、リニア中央新幹線の工事が2016年に始まった後の一時期、「ガールズバー」があったという…

あわせて読みたい