再び躍進のバスケットボール 中学3年と高校1年に着目したわけ〈信州スポーツ未来図第2部 強化ビジョン⑩〉

有料会員記事
丸山丈和氏

 「『何十年ぶり』が連発している」。県バスケットボール界は昭和20年代後半に女子が全日本選手権や国体、インターハイで優勝した実績がある。県協会の丸山丈和国体強化委員長は、県内の競技力が再び上向いている手応えを口にする。

 ここ10年ほどの国体の成績に表れている。2010年に少年男子が40年ぶりに8強入り。12年は少年男子が初めて決勝に進み準優勝、少年女子は北信越予選で21年ぶりの1位に。15年は成年女子が24年ぶりに北信越予選で1位…

あわせて読みたい