白馬で雪崩に巻き込まれた男性、遺体で見つかる

有料会員記事

 大町署は8日、2月に北安曇郡白馬村の北アルプス八方尾根の無名沢で雪崩に巻き込まれた男性(46)が、遺体で見つかったと発表した。同署山岳遭難救助隊員が同日、雪の上に倒れている男性を発見し、県警ヘリで収容した。死因を調べている。

 男性は…

あわせて読みたい