篠ノ井・上田西 ともにサヨナラ勝ち 北信越高校野球県大会 ベスト4決定

有料会員記事
都市大塩尻―上田西 九回上田西2死三塁、中前打を放ちガッツポーズで一塁へ向かう小川(右)とサヨナラの生還を果たした三走花岡

 第146回春季北信越高校野球県大会(信濃毎日新聞社協賛)は15日、綿半飯田としんきん諏訪湖の2球場で準々決勝4試合を行い、ベスト4が決まった。

 篠ノ井(北信1位)は延長十一回2死二、三塁から丸山の右前打で小諸商(東信2位)にサヨナラ勝ちし、1991年秋以来の4強入りを決めた。上田西(東信1位)は3点を追う八回に長短5連打と犠飛で追い付き、九回2死三塁から小川の中前打で…

あわせて読みたい