「新B1リーグ参入を目指す」 信州BWの片貝社長、千曲市長に今季の結果を報告

有料会員記事
ユニホームを市長に贈る片貝社長(左)

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)信州ブレイブウォリアーズの運営会社の片貝雅彦社長は16日、ホームタウンの千曲市の小川修一市長を訪ね、28勝26敗で勝ち越し、西地区5位だった今季の結果を報告した。2026~27年シーズンに始動予定の新BリーグでトップカテゴリーのB1参入を目指すとし、「しっかり…

あわせて読みたい