「地域の担い手作り、海野宿から」 東御の農家ら空き店舗を活用

有料会員記事
海野宿の拠点で話す荻原さん(左)と水谷さん

 少子高齢化で地域の担い手が不足する中、子どもが地域文化などを学ぶ機会をつくろうと、東御市和のブドウ農家荻原健治さん(35)ら市内の農家や経営者が合同会社「まるごと」を設立した…

あわせて読みたい