でっかいぞ ガラスの「キャンバス」 岡谷の飲食店 毎月変わる窓アートがでぎわいを

こいのぼりを題材にした絵を描いた「お食事処よしの」の窓。月ごとにテーマを変える

 岡谷市のJR岡谷駅前の飲食店「お食事処よしの」が、店舗の窓に季節に合わせた絵を描き、通行人の目を引いている。同店は3月、近くの駅前ビル「ララオカヤ」から移転。高さ2メートル超、横幅も1メートル以上ある4枚の窓を生かそうと同月から描き始めた。絵は毎月変わり、今月はこいのぼりをテーマにしている。

 社長の倉品浩子さん(46)が…

あわせて読みたい