【土の声を「国策民営」リニアの現場から】 トンネル死亡事故 函館の両親の無念〈第5部 暗中掘削①〉

有料会員記事

 コンブ漁で知られる北の港町は、潮の匂いがした。北海道函館市の郊外。ここで生まれ育った小板孝幸さんは昨年10月27日、山に囲まれた岐阜県中津川市のリニア中央新幹線瀬戸トンネルの工事現場で起きた崩落事故により、亡くなった。44歳だった。5月上旬、記者は実家を訪ねた…

あわせて読みたい