大糸線の危機に立ち上がる 「応援隊」に続々と新規入会 協議会、知恵を借りて利用促進へ

有料会員記事
小谷村の北小谷駅近くを走るJR大糸線のディーゼル車

 小谷村や大町市などJR大糸線信濃大町―糸魚川間の沿線自治体による活性化協議会が募集する「大糸線応援隊」が、新規入会者を増やしている。JR西日本が南小谷―糸魚川間を含む一部地方路線の見直しに踏み込んだことを受け、この半年弱で4倍近くに増加した。同協議会は今後、交流イベントを企画するなどして、「隊員」の知恵を借りながら…

あわせて読みたい