北アルプス焼岳の噴火レベル、突然の引き上げに登山者驚き

有料会員記事
噴火警戒レベルが「2」に引き上げられ、下山した登山客(左)から話を聞く市職員ら=24日午後1時27分、松本市安曇

 気象庁が長野、岐阜県境の北アルプス焼岳の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き上げた24日。入山した登山者からは突然のレベル引き上げに驚きの声が上がり、観光関係者からは早期の沈静化を祈る声が漏れた。

 松本市安曇の登山口では同日午後1時ごろ、県や市の職員が下山してきた登山者にけがの有無や…

あわせて読みたい