【土の声を「国策民営」リニアの現場から】宿舎と現場を往復の日々〈第5部 暗中掘削⑤〉

有料会員記事
坂島非常口の工事現場で発破作業を知らせる看板。カウントダウンの前に坑内にヒット曲が流れ、注意を促す県内の現場もある=20日、豊丘村神稲

 国家プロジェクトとされるリニア計画。しかし、リニアだからと特別にやりがいを感じているわけではないと言う。「安全に工事を終わらせることしか考えていない。どこのトンネル現場も同じ」

 岩手、香川、熊本…。飯田下伊那地方でリニア建設工事に携わる作業員用宿舎の駐車場には、多くの県外ナンバー車が…

あわせて読みたい