〈街角から〉長野市の「ボトルバーナガノ」、元事務職の29歳女性がバーテンダー

バーカウンターに立つ佐々木さん。「いいお店だねと気に入ってくれるお客さんがいる。それがうれしい」

■「来て良かった」 そんなバーを

 ガラス越しにのぞく店の壁際には、一面にウイスキーのボトル。黒い扉を開けて店に入ると、心地よいジャズの音色に包まれた。

 長野市南千歳の「BOTTLEBARNAGANO(ボトルバーナガノ)」。なじみの客が来ると、店主の佐々木三貴さん(29)が「お久しぶりです。お疲れさまでした」とほほ笑んだ。そして静かに、キープされたボトルのウイスキーを客に出した。

 店は元々は洋服店。2020年…

あわせて読みたい