長野県内レギュラーガソリン価格 174円 80銭高 6週ぶりに値上がり

有料会員記事

 経済産業省資源エネルギー庁が1日発表した県内のレギュラーガソリン1リットル当たりの平均小売価格(5月30日時点)は、前週(同23日時点)から80銭高い174円ちょうどとなり、6週ぶりに値上がりした。全国平均小売価格は60銭安い168円20銭だった。補助金の効果により7週連続で値下がりし、政府が目標とする168円に近づいた。

 経産省は、補助金で全国平均価格に39円40銭分の抑制効果があったと説明。補助金がなければ207円60銭になるとみられていた。燃油の価格高騰対策として石油元売り会社に支給する補助金は…

あわせて読みたい