宮田銃撃事件に新たな手配書 長野県警が1万5000枚全国配布

有料会員記事
県警が新しく作成し、県庁に掲示した金容疑者の手配書=6日、県庁

 2020年9月に上伊那郡宮田村で暴力団幹部が銃撃されて重傷を負い、松本市に拠点を置く暴力団組織元幹部の金沢成樹こと金成行容疑者(53)を殺人未遂容疑で全国に重要指名手配した事件で、県警は6日、新たに作成した金容疑者の手配書を県庁に掲示した。1万5千枚作って全国に配布し、広く情報提供を呼びかける。

 新たな手配書はA3判で、本人の正面、右側面、左側面の3種類の写真を掲載。目撃者が気付きやすいよう…

あわせて読みたい