ピノーレが小ロットで香水を製造 富士見に主力工場

有料会員記事
小ロットでの生産を受託するサービス「金熊香水」のサンプルの瓶

 諏訪郡富士見町に主力工場がある香水製造などのピノーレ(埼玉県幸手市)は、小ロットの香水のOEM(相手先ブランドによる生産)を受託するサービス「金熊(きんくま)香水」を始めた。複数の香りを独自に調合して、ベースとなる香料を数十種類用意。最少20本から生産を受け付け、個人や団体などのオリジナル製品の展開に活用してもらう。

 「かんきつ系」や、海や水をイメージした「アクア系」などのテーマに合わせた香料を調合。多くの香料を在庫として抱えるリスクを減らし、小ロット生産に対応した。在庫として一部保管する天然香料も組み合わせることで、顧客の要望に沿った香りに近づける。

 同社によると、海外メーカーから香料1種類を輸入する際は…

あわせて読みたい